知的生命体・次元上昇・エイリアン・エササニ人・ハイブリッド種etc.

知的生命体・次元上昇・エイリアン・エササニ人・ハイブリッド種etc.

NEBULAさんのブログを読み、スピリチュアルと呼ばれる私達の本質のスピリットを紐解きしていきます。

スピに興味があるけどよくわからない!という方はぜひ読んでみてくださいね。

今回はNEBULAさんのブログの中から

 

・バシャール:人間以外の地球上の知的生命体
2011-08-08

 

・バシャール:次元上昇による体の変化
2011-08-09 

 

・バシャール:地球を訪れているエイリアン達
2011-08-10 

 

・バシャール:エササニ人
2011-08-11

 

・バシャール:ハイブリッド種
2011-08-12

 

・バシャール:スターシード
2011-08-13

 

・バシャール:太陽系の形成
2011-08-14

 

・バシャール:地球の歴史の始まり

を取り上げ、要約します。

NEBULAさんのブログ  https://ameblo.jp/viva-bashar/archive2-201108.html

 

 

Advertisement

バシャール:人間以外の地球上の知的生命体

 

(要約)

  • 地球上には2種の知的生命体が存在する。
    地表に存在する 人類と、海中に存在する イルカとクジラ
  • イルカとクジラはシリウスと深いかかわり合いがある。
    イルカの生体と人間の生体には多くの類似点があり、最大の類似点が 人間と同様に輪廻転生をするという事。
    クジラはイルカのオーバーソールであり、イルカの集合体。
  • イルカは人間のテクノロジー発展に多くの貢献をしてきた。
  • イルカは人間との交流を、彼等の発する音波の”歌”を通して子孫に語り告いでいる。
  • イルカのエネルギーは人間の子供のエネルギーと似ていてわくわくのエネルギーで毎日を過ごしている。

 

 

イルカとクジラは人間よりはるかに進化しているそうです。

人間の脳は3%ほどしか目覚めていないと言われますが、イルカとクジラの脳や神経系は完全に開かれていて、100%機能して宇宙のすべてと繋がっていると言われます。

テレパシー能力があるイルカとクジラは、テレパシー能力が失われた人間に代わり、地球と宇宙の交信を行っているようです。

 

 

 

バシャール:次元上昇による体の変化

 
 
(要約)
  • 3次元から4次元へと次元上昇すると、食事の量が減り、内蔵の働きよりも内分泌器官の働きが重要な役割を持つ。
    今まで見えていなかった生き物や物にオーラが見えたり、霊が見えたりする。
  • 今まで受けた事のない強い宇宙エネルギーによって、病気とは関係のない突然の動悸や心拍数上昇、不整脈等の症状が見られたりする。
    健康で自然体に近ければ近い程、次元上昇による体の負担は少なくなる
  • 甘さは覚醒の邪魔になる。
    甘さが欲しい時は、フルーツを摂取する。
    シュガー、自然砂糖/人口甘味料の摂取は、体の細胞を劣化させ細胞の活性化を阻害する。
  • シンクロニシティの頻度が極端に増加してくると、夢の中の自分と現実の中の自分との境目が薄れてくるようになり、夢の中で色々な知的存在から助言を受けるようになる。
  • 次元上昇を支えてくれる知的存在の一つのイルカ社会では、すでに覚醒したイルカを” Dreamer ドリーマー”と呼んでいて、次元上昇とともにその数が増え、貴方の夢の中に現れ、ワクワクする事や楽しんで遊ぶ事を教えてくれる。

 

 

 

なかなか理解に苦しむ内容ですが、地球の波動が上がるために、私達の体もそれに合わせて変化していくということですね。

恐らく、スムーズに変化できるように、私達もある程度の努力をして波動を高めていかないといけないということだと思います。

覚醒とは、ありのままの自分を取り戻すこと。

自分を愛し、自分の本心を知り、社会の常識や想念にとらわれずに純粋に感じ、表現できること

 

シンクロニシティとは、誰かの事を考えていたら、ちょうどそのタイミングでその人が通りがかったり、駐車場で満車の表示が出ていたのに自分が駐車しようとすると待たずに一台分空いたなど、 偶然の一致 タイミングよく物事が進むことをいいます。

 

ここでもイルカがでてきましたね。

イルカは波動が非常に高く、天性のヒーラー。

病人を見つけることが出来る能力があり、集まってくる習性があるようです。
そして、体が悪いところを支えるように泳ぐようです。

彼等の心の構造は私達人類と似ていて、人間と同じように心の痛みを感じる事が出来る生命体なのだそうです。

イルカと一緒に泳ぐこと(dolphin swim)で精神障害や肉体的な病気が治る人がいるため、イルカ療法は世界で行われています。

イルカによるセラピー効果は、大学でも研究されているようです。

波動が高いイルカのそばにいることで、癒され、病気まで治ってしまうのでしょうね!!

 

Advertisement

 

バシャール:地球を訪れているエイリアン達

 

(要約)

  • ゼータ・グレイ種(グレイと人間のハイブリッド)であるバシャールの仲間達は テレパシーで繋がっており、様々な個性を持ちながらもお互いに共通意識を持つ、大きな 集合意識体
  • プレアディアンは人間型宇宙人でヒューマノイド種。
    地球人を自分達の家族のように愛し、子供を愛する父のバイブレーション。
  • オリオン人(グレイ)は、アドレナリンを体に巡らせ、荒々しさが感じられる。
  • シリウスは、水陸両性のヒューマノイド種。
    生まれつきのガーデーナーであり、農業に幸を見いだす。
    彼等のエネルギーは海中に充満しているだけでなく、北スコットランドにあるスピリチュアル・タウンのフィンドホーンにも介在していて、草木が生えるような栄養価は無いにも関わらず、野菜や果物が豊富に収穫される不思議な場所。
  • 爬虫類人(レプティリアン)はアヌンナキと恐竜とのハイブリッド。
    彼等の両方の脇下には心臓が一つづつあり、 肉食
    彼等は常に”飢え”や”満たされない”感覚があり、 団結性に欠ける
  • ヒューマノイド種のタウ・セチ人はとても長身で2m近くある。
    彼等は非常に人懐っこく、貴方が今まで持った事もない程の素晴らしい親友となる。

 

 

宇宙にはさまざまな惑星があり、惑星ごとに地球外生命体の種類も分かれているようです。

地球にきているエイリアンの種類は80~500種類。

サイトによって見解がばらばら。

人間に友好的なものもいれば、そうでないものもいるようですね。

 

Advertisement

バシャール:エササニ人

 
 
(要約)
  • バシャールがいるエササニ人のバイブレーションは高波動で、地球人の私達の10倍以上高く振動しているため、私達3次元の目では彼等を見る事はできない。
  • エササニ人の100年は私達の1000年に相当する。
    エササニは、地球より3000年以上進んでいる星。
  • エササニ人も、私達と似た出産過程を経る。
  • テレパシーで意思疎通を行う。
  • 食べものは必要なく、排せつもしないため、トイレがない。
  • 寿命は300年が平均。
    死はステップアップを意味するため、悲しみとは捉えない。
    自分の意思で輪廻転生する。
  • エササニ人は、 パラレルワールドや過去と未来に存在する自分と繋がり、行き来ができる技術を持っている

 

 

エササニ人は、オリオン座近くにある緑色がかった惑星のエササニ星に住んでいます。

バシャールはエササニ人の集合意識体です。

常にポジティブでいることは波動を上げ、望む現実になることを伝え続けてくれています。

 

 

バシャール:ハイブリッド種

 

(要約)

  • 私達は猿から進化したのではない。
    地球外生命体アヌンナキが、猿人とアヌンナキのDNAをかけ合わせて私達を作った
  • アヌンナキは他にも2種類ハイブリッド種を作っていて、一番最初に作り上げたハイブリッドは爬虫類人である レプティリアン
    レプティリアンは恐竜とアヌンナキのDNAをかけ合わせて作られた。
  • 二番目が ビッグフット(サスカッチ)で、猿人とアヌンナキのDNAをかけ合わせて作られた。
    ビッグフットはテレパシーで会話をし、サイキック能力に優れている。
  • 三番目の 私達人類は、ビッグフットの改良バージョン
    元々 サイキック能力に優れていた私達は、物質世界に身を置く事で素の自分、特殊能力があった事をすっかり忘れてしまっている
  • イルカとクジラは、人間や、他のハイブリッド達よりも前に地球上に存在し、 人工的に作られた私達とは違い、自然に出来た地球のネイティブ種で、 人間と同じように心の痛みを感じる事が出来る形の違う人間
  • 2万5000年前に私達人類が栄え、アトランティス文明を築きあげる。
    その時代にネコのペット化が始まり、動物の家畜化が始まる。
    食物の栽培も始まり、痩せた土地でも栽培可能で栄養価の高い食物 キヌアは、 現代でも健康食品として食されている

 

 

私達は猿から進化したのではなく、地球外生命体アヌンナキが、猿人とアヌンナキのDNAをかけ合わせて私達を作ったのですね。

私たち人類を作ったと言われている宇宙人アヌンナキは、 惑星ニビルに住んでいると言われています。

惑星ニビルは大気が宇宙空間に流出して絶滅の危機に瀕したときに、黄金の粒子が必要になり、黄金の含有量が多い惑星である地球で黄金の採掘を始めると同時に、地球を整えていったようです。

アヌンナキがレプティリアンを創ったあとに私たち人類を創った理由は、レプティリアンが残忍で扱いにくい性質を持っていたからという説があります。

 

 

Advertisement

バシャール:スターシード

 

(要約)

  • 私達の現在の地球はポジティブエネルギーとネガティブエネルギーが一緒に存在しているが、 2025年から2033年の間に、この2つのエネルギーが完全に別れ、お互いに違う空間に存在するようになる
    今まで貴方と波長の合わなかった人は、例えば、死んでしまったり、行方がわからなくなったりと、貴方の目の前から姿を消すようになるということになる。
  • 一旦両極のエネルギーが分かれてしまうと、もう一方のエネルギーに移行できなくなる。
    貴方がネガティブエネルギー側に存在していた場合、ポジティブ側へは行けなくなるということ。
  • 私達の周りで極端に多くなってきている戦争や衝突は、どちらのエネルギーの地球に住みたいかという問いかけをしてくれている。
  • 私達が選んで住んでいる地球は、平和な地球。
    もう一つのパラレルワールドの地球はすでに核爆弾で自らを吹き飛ばし、人類が死滅して存在していない。
  • 私達地球人は何千年と続いた闇の ネガティブエネルギーから光のポジティブエネルギーへと初めて移行して行く段階にきている。
    宇宙規模で大事なこの時期に、貴方がここに存在する事は貴方にとって極めて重要な体験をする為。
    貴方は新しい地球の移行を助ける為にこの時代を選んで産まれてきている

 

あと25年でポジティブとネガティブに分かれて存在する世界がくるということですね。

楽しいこと、嬉しいこと、幸せだと思うようなことを体験できるのは、ポジティブ側。

次元上昇の地球に住むためには、自分をポジティブエネルギーで満たせるかどうかにかかっているようです。

今地球にいる私達すべてがスターシード(地球の移行を助けるために自ら志願した魂)なのですね。

 

バシャール:太陽系の形成

 

(要約)

  • 太陽系は46億年前に形成され、太陽系の配列は太陽を筆頭に水星・金星・火星・ マルデック(数個の月を持つ)・木星・土星・天王星・冥王星。
    その当時冥王星は土星の衛星で、地球はなく、地球よりも大きい マルデックという惑星が存在していた。

    約40億年前、 惑星マルデックが自らを核戦争で吹き飛ばし、マルデックの残骸の67%が集まって球になり冷え固ったものが今の地球で、残りはアストラルベルトを形成。

  • 粉々になった月が土星の輪を形成するようになり、天王星の輪の角度が不自然に曲げられ、冥王星が土星の軌道から外れてしまう。
    破壊されずに残った月が、今の私達の月
  • 火星が死の星になったのは、数個の月を持つ太陽系外惑星が、逆行軌道で太陽系内に侵入し、同じ軌道にいた火星の大気圏内を通過したため(隕石衝突)。
    太陽系外惑星の軌道は、太陽系内を通過する超楕円形軌道を持ち、3600年周期で巡ってくる。
    次に太陽系内に侵入するのは約1800年後。

 

 

マルデックという惑星について調べましたが、存在自体は認めているサイトが多いですね。

マルデックがなくなった理由はサイトによっていろいろ。
核戦争が起きたんじゃなくて、時空の裂け目を作ろうとして失敗して星が一瞬にして吹き飛んだなどです。

太陽系は広く、私達の想像をはるかに超えていてよく分かりません。

ただ、今の地球をマルデックのように無くなる惑星にはしたくないです。

 

Advertisement

バシャール:地球の歴史の始まり

 

(要約)

  • 私達地球に知的生命体が形成され始めた頃、様々な宇宙存在が地球人として輪廻転生している。
    特に火星から多くの人達が地球への輪廻転生を果たしている。
    火星は私達地球と類似しており、ヒューマノイドの住む、緑の豊富な惑星だった。
    火星には、自らを核で吹き飛ばしてしまったマルデックの人達も輪廻転生していた。
  • マルデックの核自滅、火星の隕石衝突、アトランティスの隕石衝突、東北地方太平洋沖地震はすべてオリオン文明のカルマにより繋がっている。
    オリオン文明はオリオン大戦を勃発させ、宇宙最大の大惨事を招く。
    この大戦はネガティブエネルギーとポジティブエネルギーとの衝突であり、多くの犠牲を出し、自分の故郷を捨て去り、地球人として新しい人生を歩み始めた宇宙人もいる。
    彼等は後にレムリエ文明を築く。
  • 私達人類の歴史は宇宙存在の魂を持って始まっているが、アトランティス文明崩壊後、宇宙存在は地球から身を引き地球を訪れていないため、地球人だけの新しい文化を築きあげた。

 

オリオン大戦とは、太古にオリオン系の星々の住人の間で長期に渡り起こった宇宙戦争。

物質界の魅力に誘われ、物欲やエゴなどのネガティブな意識が波動を下げ、エネルギーが分かれた結果起こったようです。

レムリア大陸は、ムー大陸とも呼ばれたりしていますが、太平洋にあった大陸だと言われています。
2億年以上前から50万年前に存在していたといわれています。
プレアデスやシリウスから地球に移住したレムリア人によって栄えた文明で、愛と調和の中で暮らしていたそうです。

波動が高いレムリア人はテレパシーや超能力で文明を築いていったといわれていますが、一晩のうちに沈んでしまったといわれています。

アトランティスは大西洋にあったとされる伝説の古代大陸。高度な文明を誇り、約1万2千年前に沈んだと伝えられています。

 

スピリチュアルカテゴリの最新記事