【個人輸入】海外通販サイトの商品を購入するための知識を得る

【個人輸入】海外通販サイトの商品を購入するための知識を得る

海外通販サイトで商品を購入したい。ネットショッピングしたい。

でも、初めてで不安。

日本のサイトでも同じ商品が販売されているのだけれど、現地のサイトから購入した方が安そう。

実際のところどのくらい価格に差が出るのだろうと興味をもちました。

安く手に入るなら、現地のサイトから購入したい。

そのような思いから、海外サイトで購入した場合にかかる手数料などを調べて、実際あっているかは分かりませんが、手数料を含めた支払金額を割り出してみました。

 

Advertisement

【個人輸入】商品合計額に加算される手数料を実際に計算してみる

 

先日記事にした、ニコラ・テスラの電磁波防止商品(https://kirarara39.com/nikolatesla2/)。

調べた限りでは、私が欲しい商品は日本では1サイトしか取り扱っていない。

あとは、製造国のオーストラリアのサイトしか見つけることが出来ませんでした。

 

オーストラリアのサイトは zakairanというサイトで、ニコラ・テスラ製品を扱っています。 

zakairan https://www.zakairan.com/Teslas/TeslaProducts.html

ブラウザをグーグルクロムにすると、サイトが日本語対応サイトになります(ときどき翻訳に失敗してならないときがありますが・・)

 

このサイトで私が購入しようと考えている商品(価格は11/23時点)

 

・電子スタビライザー(電子安定剤)

 

電子スタビライザーを冷蔵庫などの電顕コードに1つ付けるだけで、同じ屋内配線とそれにつながるすべての電気製品の電磁波を中和してくれるという優れもの。

日本の電磁波防止商品は、分電盤に貼って、なおかつ、コンセント差込口・IH・電子レンジ・パソコンなど、電磁波を発生する機器ごとに貼り付ける必要があるため、価格がどれぐらいになるのかと思うと恐ろしい。

でも電子スタビライザーは、冷蔵庫などの常時通電している(勝手に解釈してますが)コードに1つ付けるだけで他はどこにも付けなくても良いらしいのです(内心疑っていますが・・・)。

物は試し。購入して取り付けてみないとわかりません。

価格は高11/23時点では、 52,340円(日本での取り扱いサイト ミヌーシュサイト http://minouche.jp/?pid=34266519)。

zakairan オーストラリアサイトでは、 43,577円

 

 

・コンピュータプレート(8角 小プレート)

 

 

電子スタビライザーを使えない、自宅以外の職場やカフェなどでパソコンを使う場合、このプレートを近くに置くことで、大量の超低周波の電磁波の影響を中和してくれるようです。
自宅でパソコンをする場合も、このプレートを置いておくと、さらに良いようです。
 

12,620円(内税)(ミヌーシュサイト)
10,552円(zakairanサイト)

 

 

 

・大人用チタンペンダント

 

個人の周波数を、自然界(地球)の周波数に調和するよう、調整してくれるようです。

経絡の働きや脳波の活発化、免疫力の強化などの効果で、ネガティブなエネルギーを受けにくくしてくれるそうです。

また、患部に、ペンダントの凹面側を向けると、痛みを和らげたり、治癒を早めたりしてくれるそうです。

 
8,880円(内税)(ミヌーシュサイト)
7,364円(zakairanサイト)
 

・丸カン1つ

あと、このチタンペンダントには黒色のワックスコードがついているのですが、別の紐などに変えようと思っているため、必要かどうかは分かりませんが、丸カンも1つ購入したい(100円ほど)。

 

試しに、商品をクリックしてカートに入れてみました。

 

カートに入った総合計は、 811豪ドル(11/23)。

為替レートで日本円にすると 61,570円となりました。(「豪ドル為替レート」と検索欄に入力すると今日のレートがでてきて、数値入力欄があるので、簡単に日本円ではいくらかが分かります。)

商品は日本への送料込み価格になっています。

zakairanサイトには商品クリック欄がいくつかあり、意味を間違えて割引率が高いものをクリックしている気がするので、もう少し価格が高くなるかもしれません。

 

商品購入金額  合計61,570円(11/23の為替レート)

Advertisement

【個人輸入】支払方法で手数料が変わる

 

直接オーストラリアサイトでネットショッピングをするため、為替レートが関係してきます。

支払いに何を使うかでも追加コストが変わってくるようです。

金額を送金するには、ペイパルより、TransferWiseを使った方がいいという知識を得ました。

合計コストをみると、かなり安いですよね。

 

 

PayPal(ペイパル)で1000ドルをアメリカの友人に送金する場合

プロバイダ 送金手数料 為替レート 合計コスト
PayPalPayPal(ペイパル) 499円 4%の為替手数料が上乗せされたレート (1ドル = 約 112.573円 4,809円(499円+40ドル分の日本円)
TransferWise 132円+0.63% 実際の為替レート (1ドル= 107.745円) 811円

(2020年4月20日16:06(GMT+2)更新)

PayPalでは4%という比較的高額な為替手数料が為替レートに上乗せされています。送金手数料の安さだけに注目すると、この「隠れたコスト」に気が付かず、送金で損をしてしまうことも。

(引用:PayPalで安く海外送金するには?手数料・為替レートを解説! https://transferwise.com/jp/blog/overseas-remittance-paypal)

 

ペイパルは、送金手数料と 実際の為替レートではなく、プロバイダの独自レートが加算されるようです。

 

zakairanサイトの商品をクリックしカートに入れると、支払いは自動的にペイパル画面になりました。

 

が、サイトをくまなく見ていると、その他の支払いオプションという項目を見つけました。

 

その他の支払いオプション

オーストラリア
直接預金 (またはインターネットバンキング経由)、 (口座の詳細についてはお問い合わせください)、
およびMoneyの注文を受け付けています。

国際
あなたはまた、経由で支払いを送信することがあり、国際ダイレクト預金インターネットバンキングを通じて、(アカウントの詳細についてはお問い合わせください)、銀行小切手(豪ドル)、国際マネーオーダーまたは ウェスタン・ユニオン。

支払い先:ZaKaiRan SheeHan
7 HakeaCt 。Mullumbimby、NSW 2482オーストラリアオーストラリア:0422-996-731 /米国:303-800-5371 International&Whatsapp:+ 61-2-422-996-731 / Skype:z​​akairansheehan連絡先ZaKaiRan

(引用: https://www.zakairan.com/Teslas/TeslaProducts.html)

 

よくわかりません・・・

オーストラリア直接預金 と書いてある・・・

口座の詳細についてはお問い合わせくださいとあります。

 

ZaKaiRanのメールアドレス、口座名義(ZaKaiRan SheeHan?)、口座番号が分かれば、TransferWiseを使って送金できます。

TransferWiseを使って送金したいということと、送金後の受け取りに必要なメールアドレス、口座名義、口座情報を教えてもらえるかどうかを問い合わせてみると良いですね。(グーグル翻訳で英文になおしてもらえばOKだと思います。という私も使ったことはないけれど・・)

 

口座情報が分からない場合でも、メールアドレスのみで送金することもできるようですよ~!

 

問い合わせの結果TransferWiseが使えなかった場合、私はペイパルを使うと思うので、その場合のコストを上記の引用を元に計算してみます。

 

811豪ドルに、送金手数料の 499円と、 為替手数料4%が上乗せされた額が手数料として加算されるのですね。

 

商品合計金額は811豪ドルでした。

811豪ドルの4%は

811×0.04= 32.44豪ドル

 

11/23は 1豪ドル75.92円でした。

75.92×32.44= 2462.8448円

(小数点以下は切り上げか切り捨てかよく分からないので切り捨てにしておきます)

32.44豪ドルは日本円だと 2,462円になるので、この額が為替手数料として加算されることになります。

 

送金手数料と合わせると、

499+2462=2961円

となり、ペイパルを使った場合、 合計2,961円のコストが新たに発生することになりますね!(合ってる?)

 

別のサイト(Transferwise  ややこしい!?PayPalの全手数料をわかりやすく徹底解剖!計算法も  https://transferwise.com/jp/blog/paypal-all-fees/)では、ペイパルが私の口座の出金を代行するため、出金手数料というものが発生すると書いてありました。

5万円以上の出金だと出金手数料無料で5万円未満だと250円の出金手数料がかかるようです。

今回は商品合計額が61,570円なので、出金手数料は無料です。

 

ペイパルを使った追加コスト  合計2,961円

 

Advertisement

 

TransferWiseを使って送金した場合も計算してみます。

送金手数料は132円と商品合計金額の0.63%のが手数料になるので、

商品合計金額811豪ドルの0.63%は

811×0.0063=5.1093豪ドル

11/23は 1豪ドル75.92円でした。

75.92×5.1093= 387.89円

132+387=519円

TransferWiseを使った追加コスト  合計519円

 

ペイパルを使った追加コストが2,961円なのに対し、TransferWiseを使った追加コストは519円!

追加コストの差が大きすぎ!

送金には TransferWise を使うべきすね!

 

Advertisement

【個人輸入】「通関手数料」「関税」「消費税」が発生する

 

(アクシグ 海外通販を利用した個人輸入の際にかかる消費税・関税・通関手数料を徹底解説 2019.6.16 https://aqcg.jp/kaigai_tsuhan_kanzei/)によると、

ネット通販で購入する場合、「通関手数料」「関税」「消費税」と呼ばれる手数料を支払う必要があるということです。

 

通関手数料は 荷物1つあたり200円

今回購入しようと考えている3つ(丸カンも含めると4つ)の商品が一緒に配送されるはずなので、恐らく通関手数料は200円。

 

個人使用目的の場合は、商品価格の60%が課税価格になります。そして、課税価格が1万円以下であれば関税と消費税は免除されます。

もし、60%つまり商品価格に0.6を掛けた金額が1万円以上になった場合は関税と消費税がかかります。

 

(引用:アクシグ 海外商品を日本へ輸入する際に関税はいくらかかる? https://aqcg.jp/tariff/)

 

とあります。

商品金額が16,666円以下であれば関税も消費税もかからないということです。

ここで注意してほしいのは、複数のものを同時に購入するときは、単品ごとの課税価格を算出するのではなく、商品全体の価格の0.6が課税価格になるようです。

 

複数の商品が一つの箱に同梱されている場合は、中の商品全体の価格に0.6をかけた価格が課税価格になります。

例えば、

  • 商品(1)5,000円
  • 商品(2)8,000円
  • 商品(3)1,000円

の3つの商品が一つの箱に同梱されているとします。
すると、合計金額は14,000円ですよね。
この14,000円に0.6をかけた金額(8,400円)が課税価格となるのです。

(引用:アクシグ 海外通販を利用した個人輸入の際にかかる消費税・関税・通関手数料を徹底解説 https://aqcg.jp/kaigai_tsuhan_kanzei/)

 

 

単品の課税価格を考えていたので、電子スタビライザーだけが関税と消費税がかかると思っていましたが違いましたね。

 

商品の合計金額 61,570円

61,570×0.6=36,942

課税価格は36,492円となります。

 

 

消費税額は日本国内で購入する場合と同じということなので、10%ですね。

 

関税について調べると、課税価格の合計額が20万円以下の場合には、一般の関税率とは別に定められた簡易税率が適用されるようです。

 

少額輸入貨物に対する簡易税率表 (関税定率法第3条の3関係)
品目〔具体的な品目例〕 関税率
1 酒類
(1) ワイン
(2) 焼酎等の蒸留酒
(3) 清酒、りんご酒 等
70円/リットル
20円/リットル
30円/リットル
2 トマトソース、氷菓、なめした毛皮(ドロップスキン)、毛皮製品 等 20%
3 コーヒー、茶(紅茶を除く)、なめした毛皮(ドロップスキンを除く) 等 15%
4 衣類及び衣類附属品(メリヤス編み又はクロセ編みのものを除く) 等 10%
5 プラスチック製品、ガラス製品、卑金属(銅、アルミニウム等)製品、家具 等 3%
6 ゴム、紙、陶磁製品、鉄鋼製品、すず製品 無税
7 その他のもの 5%

(引用:税関 https://www.customs.go.jp/tsukan/kanizeiritsu.htm)

 

 

間違っているかもしれませんが、電磁波製品には チタンが組み込まれているので、品目5の卑金属(銅、アルミニウム等)製品の関税率3%に該当するのではないかと思います。

品目7のその他の5%かもしれませんが・・・

また、輸入元となる国によっても関税率は異なるそうなので、間違っている可能性も高いです。

とりあえず関税率3%として計算してみます。

 

消費税の詳細な計算方法

2019年5月現在の日本の消費税は8%です。その内訳は、国税部分6.3%、地方税部分1.7%です。税金の計算は、国税部分と地方税部分をそれぞれ計算する必要があります。例えば、20万円の商品を輸入するとして、関税率10%で計算します。

【課税価格】

20万円×0.6=12万円

【関税】

12万円×0.1=12,000円

【国税消費税】

(12万円+12,000円)×0.063=8,316円

端数処理すると、20万円の商品に対して8,300円の国税消費税がかかることになります。

次に、地方税部分を計算しましょう。

【地方消費税】

8,300円×17/63=2,239円

端数処理すると、地方消費税は2,200円かかることになります。2つの消費税を合計すると、10,500円です。

税額合計は、以下の通りです。

10,500円(消費税)+12,000円(関税)=22,500円

(引用:アクシグ 海外商品を日本へ輸入する際に関税はいくらかかる? https://aqcg.jp/tariff/)

 

上記の引用を元に、関税と消費税を計算してみます。

消費税10%のうち、国税部分は 7.8%、地方税部分は 2.2%(参考:東京都主税局 https://www.tax.metro.tokyo.lg.jp/common/shohize.html)のようです。

 

課税価格は商品価格の60%

61,570×0.6=36,942

課税価格は36,942円

 

関税は3%として

36942×0.03= 1108.26円

 

国税消費税(7.8%)

(36942+1108)×0.078=2967.9

 

地方消費税(2.2%)

2967×22/78=836.8(この計算方法は?ですが、引用通りにあてはめて計算しています)

 

消費税の合計金額は2967+836=3,803円

 

関税と消費税の合計

1,108(関税)+3,803円(消費税)= 4,911円
 
となります。
 
これに通関手数料の200円を加えると
 

通関手数料と関税と消費税の合計

200(通関手数料)+1,108(関税)+3,803円(消費税)=5,111円
 
通関手数料と関税と消費税の追加コスト  合計5,111円
Advertisement

【個人輸入】商品合計額に手数料を加算した支払合計金額の比較

 
 
日本のサイトで購入した場合、送料を含めず計算すると、52340+12620+8880=73,840円
 
これに対し、オーストラリアサイトで直接購入し、
 
ペイパルを使って送金した場合の支払合計金額は
 
61570+2961+5111= 69,642円
 
TransferWiseを使って送金できた場合の支払合計金額は
 
61570+519+5111= 67,200円
 
 
日本への送料込み価格です。

 

日本のサイトで購入した場合、送料を加えていなくてもすでに高い!

これに送料(ゆうパック)が加わるので745円(東京都の場合)以上はかかることになります。

東京都のゆうパック代を加えると、73840+745= 74,585円

東京以外はさらに高くなります。

 

ペイパルを使ってZaKaiRanサイトから直接購入した方が 5000円ほど安くなります。

TransferWiseを使った場合は 7400円も安くなります!!

もう一つチタンペンダントが買えるではないですか♡

 

ちなみに 通関手数料と関税と消費税はどこで払うのか載っていなくてずっと疑問でしたが、わかりました。

荷物が届いたときに宅配業者に払うようです。

なので、日本の通販サイトと同じように、商品を選び、ペイパルかTransferWiseのどちらかを選び(どちらも新規であれば会員登録し、TransferWiseは指定口座へ銀行振り込みをする必要があります)、あとは商品が届くのを待つだけ。

 

簡単でした~。

海外サイトでネットショッピングする場合は、送金方法をTransferWise(https://transferwise.com/jp/)にするとより安く購入できます♡

 

・・・ですが、とても重要なことを忘れていました!!!

この記事を書いている間に為替レートが動いています・・・

11/23は 1豪ドル75.92円だったのに!

いま見ると、76.84円になっていました・・(11/26のレート)

 

私が購入しようと考えている商品をオーストラリアサイトで見ると、当然値上がりしていました!

海外サイトで買う時は、為替レートの動きをチェックしないといけませんね~。

 

しばらく商品を買うのはやめておいて様子をみることにします。

せめて11/23より安く買いたいなあ。

 

 

 

 

 

 

Advertisement

ライフカテゴリの最新記事