臨死体験をする人間の感覚には14の過程がある!

臨死体験をする人間の感覚には14の過程がある!

臨死体験や幽体離脱をしたことはありますか?

知り合いの方の臨死体験談を聞く機会がありました。

「幽体離脱をして、自分が、 ベッドに寝ている自分自身を上から見下ろしていた」

と話していたのが印象的でした。

私はそのような体験をしたことはありませんが、自分がこの世からいなくなる瞬間がなんとな~くわかっていた感があり、知り合いの方から実体験を聞いたことで確信しました。

魂は肉体から離れ、自分の肉体をみつめる。

自分の最期=肉体との別れ=この世との別れを魂が納得し、天界に上がって行くのですね。

臨死体験者150人の証言をまとめた記事があったのでシェアしますね。

 

Advertisement

人はこの世と別れる時に多幸感に包まれる

 

この世と別れる時には、脳内物質が出て、 多幸感に包まれて天界に上がっていくようです。

穏やかで愉快な感覚、気持ちいい感覚、解放感など、いろいろなサイトに同じようなことが書いてあります。

私達は自分の最期に対して恐怖感があるように思いますが、脳内物質がその思いを全く逆に変えてくれるんですね。

安心しました。

ありがたいですね。

 

臨死から蘇生するまでの14の感覚

 

引用は、150人の実体験をまとめたものなので信ぴょう性があります。

参考にしてください。

米国の著名な心理学者、Raymond A.Moody博士が臨死体験者150人の証言をもとに、「臨死状態に陥るとどんな感覚になるのか」をまとめあげた。

それによると、蘇生にいたるまで計14の過程があるという。

その14の過程とは・・・

1、自分の死の宣告が聞こえる
2、これまで経験したことがないような穏やかで愉快な感覚に包まれる
3、不思議な声が聞こえる。中には美しいメロディーという人も
4、突然暗いトンネルの中に引っ張られる
5、魂が肉体から離脱し、外部から自分の身体を観察する
6、懸命に自らの苦境を他人に訴えるが、誰にも聞こえない
7、時間の感覚がなくなる
8、視覚や聴覚が非常に敏感になる
9、強烈な孤独感に襲われる
10、周囲に様々な“人”が現れる
11、「光の存在」と出会う
12、自分の一生が走馬灯のように映し出される
13、先に進むことを遮られる
14、蘇生する

というステップを踏むのだという。
また、死の直前には自分の一生に対する評価が下される。その判定基準はどれだけ出世したかや金儲けできたかではなく、「一生のうち自分がどれだけ愛やぬくもりを他人と共有できたか」になるという。

 

(引用:カラパイア 臨死体験者150人による、「死の1秒前」の全容が明らかに
2009年03月12日
http://karapaia.com/archives/51376195.html)

 

 

この世界での自分の生き方の天からの評価は、

一生のうち自分がどれだけ愛やぬくもりを他人と共有できたか

なんですね。

これは、自分だけが愛やぬくもりを感じていてはだめだということですよね。

自分も感じ、相手にも愛やぬくもりを与えることができたかどうかが大切なのですね。

 

Advertisement

まとめ

まとめに使う画像

「  一生のうち自分がどれだけ愛やぬくもりを他人と共有できたか

という言葉。

果たしてそのような生き方を今までしてきたのか。

全く自信がありません。

この言葉を胸に刻んで今後は生きていきます。

まだまだ長く生きて、愛やぬくもりを与えて共有したい!

スピリチュアルカテゴリの最新記事