スーパーの卵をひよこにするには有精卵を選んでふ卵器で温める

スーパーの卵をひよこにするには有精卵を選んでふ卵器で温める

鳥の卵をふ化するには、産卵直後から温めなくてはいけないと思っていました。

スーパーで売られている卵は、すでに産卵から十分な時間が経って冷えてしまっている。

当然、スーパーの卵を購入後に温めても、ひよこになるわけがない!!と思いこんでいたのだけれど・・・・

 

違った!

誤った知識で今まで生きてきたなんて。

子供に教えてなくてよかった~!

 

卵は常温で1週間ほど放置してもひよこになる可能性があるそうです!

え~!

スーパーに売られている卵は、ほとんどが無精卵。

 

無精卵はひよこにはならない。

だから、スーパーの無精卵の卵を購入後に温めてもひよこにはならない。

 

皆さんご存知でしたか??

 

 

Advertisement

有精卵の卵を買えばひよこが誕生!

 

有精卵の卵を買えばひよこが誕生する

 

卵には有精卵と無精卵があります。

この違いは、受精した卵かそうでないかです。

 

有精卵は受精した卵で命を宿している卵。

無精卵は受精していない卵で、命を宿していない卵。

 

スーパーで売られている有精卵を購入して37度台で1ヶ月ほど温めると・・・・・ひよこが誕生します!!!

ただし、冷蔵保存されているものは、ひよこになる可能性が低いということです。

Advertisement

なぜ有精卵と無精卵に分かれるの?

 

メスの鳥は、ほぼ毎日1コずつ卵を産みます。

オスが一緒にいれば交尾をして、ひよこになる有精卵が作られます。

ほぼすべての養鶏場では、オスは飼っていないため、ひよこにならない無精卵しか作れません。

 

そうなんです。

メスの鶏は受精しなくても卵を産むんですよ。

人間の出産と違いますね。

 

鶏がたまごを産むのは、人間の排卵と同じなのだそうです!!

鶏は日周期で排卵が起こるため、その度に卵を産む。

大変!

受精しなくても卵を産む。

これは人間が多くの卵を食べたいという欲求により行った品種改良によるものだということです・・・なんてこと!!

 

Advertisement

有精卵と無精卵で鶏の飼育方法はこんなに違う!

 

有精卵は平飼い。

鶏を放し飼いにして自由に動き回らせる自然な飼い方。

鶏の習性に沿った生活ができるため、健康に育つ。

 

それに対して、スーパーで売られている無精卵はほぼすべて、鶏を運動できない狭いスペースに入れて飼う。

鶏の習性に沿った生活ができず筋肉が弱り、ストレスも受ける。

薬を投与して強くしている。

 

なぜ、こんな飼い方をするのか。

それは、狭いスペースに鶏を入れ、運動させない方が人件費がかからず生産性も上がり効率がいいから。

見た目は同じ卵。

でもその卵を産む鶏の環境は全く違うのですね。

 

Advertisement

 

(参考:栄光農園の有精卵
http://nagamitsufarm.com/)

 

有精卵と無精卵、殻の色、黄身の色による栄養成分の違いはある?

 

命を宿した卵の有精卵の方が栄養成分が高いイメージですが、そうではなく同じ。

また、殻の色は赤玉の方が栄養成分が高いイメージですが、これも同じ。

 

卵の殻の色は、鶏の種類によるもの。

黄身の色も黄色が濃い方が栄養成分が高いイメージですが、これも同じ。

黄身の色は飼料によるもの。

 

(参考:JA全農ひろしまの卵
 卵のQ&A
http://www.cokecco.net/cgi-bin/qa.php?genre_cd=12&qa_cd=10)

 

 

Advertisement

有精卵はネットで買える

 

有精卵はスーパーでは見かけないけど、ネットでは多く販売しています。

また、近くに自然食品のお店があるなら、有精卵の卵を販売していると思います。

 

 

有精卵をひよこにするには意外と簡単?

 

店で買ってきた卵がひよこに育つ??その方法が意外と簡単..
(http://fctwoo.blog.fc2.com/blog-entry-86.html)

によると、卵をふ化させてひよこにするのは意外と簡単なようですが・・・

ふ化までを簡単に書きますね。

ただし、育てる責任感がある方だけが試してくださいね。

 

 

有精卵をふ化させる方法

・卵を人工ふ化させるための装置(ふ卵器)に乗せ、37.5℃から37.8℃程度の温度を保つ。

・湿度は50%程度から70%にする。

・2週間は卵を6時間おきに転がす。(中のひなが殻にくっついてしまうので必ず転がす)

・その後の2週間はなにもしない。

・1ケ月ほどすればひながかえるが、体が乾くまでは孵卵器から出さない。

 

2週間の間、6時間おきに転がさないといけないのは大変ですね。

これは簡単ではないと思います!

温度と湿度管理がふ化には大切だということがわかります。

 

まとめ

まとめに使う画像

 

・卵は常温で1週間ほど放置してもひよこになる可能性がある。

・スーパーに売られている卵は、ほとんどが無精卵。
無精卵はひよこにはならないため、温めてもひよこにはならない。

・卵には無精卵と有精卵がある。

・人間が品種改良したことにより、メスの鶏は受精しなくても1日に1個の卵を産む

・有精卵は鶏を放し飼いにして自由に動き回らせる自然な飼い方。
スーパーで売られている無精卵はほぼすべて、鶏を運動できない狭いスペースに入れて飼う。

・有精卵と無精卵、殻の色、黄身の色による栄養成分の違いはない。

・有精卵はネットで買える。

・有精卵をひよこにするには、温度と湿度管理が大切。
さらに、6時間おきに卵を転がす手間も必要。

 

スーパーの卵を温めてもひよこにはならないとは分かっていても、それを正しく説明できる人は少ないように思いますので調べました。

参考になれば幸いです。

 

Advertisement

ライフカテゴリの最新記事