願望実現の許可証・チャクラ・イルミナティ・鬱のメカニズムetc.

願望実現の許可証・チャクラ・イルミナティ・鬱のメカニズムetc.

NEBULAさんのブログを読み、スピリチュアルと呼ばれる私達の本質のスピリットについて紐解きしていきます。

スピに興味があるけどよくわからない!という方はぜひ読んでみてくださいね。

 

今回はNEBULAさんのブログの中から

バシャール:脅迫教育

2012-04-23

 

バシャール:スピリチュアル物理学

2012-04-26

 

バシャール:古代から伝わる健康法

2012-05-05

 

バシャール:古代文明からの知識

2012-05-06

 

バシャール:イルミナティ

2012-05-11

 

バシャール:チャクラの輝き
2012-05-18

 

バシャール:鬱のメカニズム
2012-06-07

 

バシャール:許可証(パーミッション・スリップ)01
2012-06-10

 

バシャール:許可証(パーミッション・スリップ)02
2012-06-11

 

を取り上げ、要約します。

 

NEBULAさんのブログ https://ameblo.jp/viva-bashar/entry-11230958419.html

 

 

Advertisement

バシャール:脅迫教育

 

(要約)

  • 「勉強をしない子はうちの子ではない」「点数が悪い子は家に入れてあげません」等、無理強いする事で子供の恐怖をつのらせる義務教育は子供の人格形成に大きな影響を与える。
  • 次元向上に伴い、脅迫型”義務教育”は薄れ、楽しんで学ぶ学習方法に変わっていく。
    子供の発達の道筋はそれぞれであり、無限。
  • 人を型にはめず、レッテルを貼らず、無条件の愛で受け入れることが重要。

 

 

いまの教育は、学力を重要視しすぎだと思っていますが、不登校を長く経験して学力は及ばなくても、アピールできる実績がある場合、AO入試で合格して、人も羨む有名大学に通う人が増加しています。

学力のみでは通用しない世の中に少しずつですが変わってきていると感じています。

でも、アピールできるものがないなら学力で勝負するしかないので、子供の将来を考える親ほど、子供の成績を気にしてしまうのだと思います。

私自身が「勉強しなさい!」と無理強いして子供に脅迫教育をしてきているなあと感じ、反省。
心に留めておくために取り上げました。

 

 

バシャール:スピリチュアル物理学

(要約)

  • ポジティブな人はネガティブな人の8倍以上の調和のエネルギーを持っている。
    ネガティブな人が8人いても、1人ポジティブなエネルギーを持つ人がいると8人全てがポジティブへと調和していける。

  • 地球の人口の数%(5%以下)の人間がポジティブエネルギーを持つだけで地球全体のアセンションが可能。
    ポジティブエネルギーはお互いに重なりあって調和して膨らんでいく。
     
  • ネガティブエネルギー同士は交わらない。
    私達が認識している社会システムはネガティブエネルギーが根底にある為、国境や決まり事、システムや階層という風にエネルギーが離れてしまっている。
    次元向上するに従い、離れたエネルギーが調和へと向かっていく。
 
 
 
 
ポジティブ1人は8人のネガティブ人を変化させることができるのですね。
自分がネガティブだと思う人は、ポジティブな人がそばにいると変わることができるということですよね。

バシャールの言っている、国と国などの大きな枠組みでの「ネガティブ同士は交わらない」ということはなんとなくわかるけど、そのことと、人間の繋がりでいう「ネガティブ同士が仲良くなる」というのは別の意味なのでしょうか??

ネガな私の経験からいうと、ポジティブな人って私から離れていきました。
「似た者同士」が波動が同じなので引き寄せあうからでしょうね。
それでも、自分もポジティブになりたい!と思い、若いころはポジティブな人に近づいてましたよ。
私は一応頑張った。

今はポジティブな人がそばにいると、離れようとする自分がいます。
ネガが自分の自然体なのだから、「このままでいい」と悟ったのと、何度頑張ってもポジティブ人間と交われなかったので諦めたのだと思います・・・・・

 

Advertisement

バシャール:古代から伝わる健康法

 

(要約)

  • 年齢を重ねるにつれ体の機能がどんどん衰退してゆく現象は避けることができない。
    そこでアヌンナキ(惑星ニビルから地球にやってきて、金を採掘していた)は、凝縮されたモノトミック物質を摂取し肉体の老化を防いでいた。
    モノトミック物質(ORMUS/ホワイト・ゴールド・パウダー)は、レムリヤ時代やアトランティスの時代にも存在していた治癒薬。
  • アトランティス時代に実在した健康法/ヒーリング方法の一つに、磁気マットの上で寝る健康法がある。
    磁気マットは肉体とアストラル体の両方を繋げるエネルギー循環システムをスムーズにして、二つのエネルギーバランスを整える働きがある。
    肉体とアストラル体のブレで起こる腰痛や偏頭痛等を真っすぐに整えくれる。

  • 磁気マットの上で寝ることによって、高波動のエネルギーや超伝導物であるモノトミック物質が、アストラル体と肉体の間をスムーズに行き来する事が出来るようになり、心と体の健康を保ってくれるようになる。

 

 

モノトミック物質のことは以前にも書いてありましたね。

ホワイト・ゴールド・パウダー、ゴールドと名前についていることから想像できるように、白い食べることができる純金のことだそうですよ。

私達にとって重要な物質のようです。

紫色の野菜に多く含まれているということなので、意識して摂取した方が良さそうです!

 

この白い純金は単体で売っています。

 

 

たった5gで3万円以上するのです・・・・私はとても買えない。

重要なものって高い。

紫色の野菜の中で一番購入しやすい「なす」を買うしかない!

 

「磁気マット」は今回初めて出てきたと思う。

メーカーによっていろいろあるとは思うのだけど、どれがいいのかなあ。

よく分からなかったので磁気について探すと、ネブラさんのブログの2014.04.18(タイトル バランスの大切さ2)にも、磁気についての記述がありました。

地球の鼓動と同じ磁場である7.5ヘルツの環境を人工的でも良いので作り出すことで、体全体の気を上げることができるようです。 それなら、丸山修寛先生開発の地磁気パットで決まりですね。

地球は巨大なN極S極の磁石で、その磁気の中で太陽光線や電子機器などの人工電磁波から守られて私達は生きていますが、素足で土に接することがなくなり、また、鉄筋コンクリートの中で生活していると、鉄が地磁気を吸収してしまうようなので、私達は地磁気不足になっているそうです。

丸山先生の地磁気パットは、地磁気を取り込み、自律神経のバランスを整え、電磁波を体内から除去し不眠、疲労を 改善してくれるそうです。

 

 

 

バシャール:古代文明からの知識

 

(要約)

 

  • 生命のテンプレートが存在する次元は青白い光で満ちている。
  • 青白い光に包まれている事を想像して瞑想すると、心の静寂とともに、肉体とエーテル体の二つのエネルギーの浄化を促す事が出来る。
  • 手から青白い光が放出されている事を想像しながら痛い所や怪我に手をかざす事で大きなヒーリング効果を得る事が出来る。
  • 瞑想中に喉が乾いたり肌が乾燥したりする現象が起きる事がある。(モノトミック物質を摂取すると瞑想外の時でも起きる事がある)。
    この現象は、高エネルギーが体内の水分を伝って、肉体とエーテル体の間を光速に行き来し、エーテル体のエネルギーが飽和状態になっていく為に起きる現象。
  • モノトミック物質は肉体とエーテル体を光速に移動し二つのエネルギーを繋げる働きがある。
    左右の働きが偏った人間の脳の働きをバランス良く整え、普段使用する事のない脳の機能を活性化し、より深い理解力と直感力が養われるようになる。

 

青白い光が自分を包んでいる様子をイメージすることができますか??

私はこのイメージ化がどうやらニガテのようです。

イメージが鮮明にできる人は、願いも叶いやすいはず。

 

画像を探してみました。

自分を包み込む青白い光とはこんな感じかな~

青白い光が包み込む

この女性を自分と置き換えるといいのだけれど~

 

 

 

Advertisement

バシャール:イルミナティ

 

(要約)

 
  • 世の中の仕組みは本当はとても簡単でとてもシンプルに出来ている。
    私達は”宗教”や”社会”等で本来保つ力を封じ込め、物事を複雑化している。
    小さな事柄を大きな問題として取り上げ、簡単に解決する事柄でも途方も無い努力と年月がかかるように錯覚を起こさせている。
  • イルミナティは影の組織だと言われ、私達は影の組織に操られていると言われているが、イルミナティは組織として実在している。
    イルミナティの存在目的は”真実”から目を反らさせる為の”仕掛け”。

  • 一番大きな真実の一つは、一度存在した者はこれからもずっと存在し続ける、詰りは永遠の魂を持っているということ。

 

 

イルミナティについて調べました。

イルミナティについて調べると、フリーメイソンという言葉もでてきます。

「鍛えよ、書くチカラ」(https://itudemodokodemo.com/furi-meison-iruminateli)によると、

フリーメイソンは1717年にイギリスのロンドンで建造物を作る石工職人達によって結成された団体。

時が経つにつれて多くの著名人や政治家などが集う団体になり、現在は全世界に存在しているそうです。

会員数は600万人!
最も会員数が多いのは、本部である米国のグランドロッジ。
ここに所属している会員は200万人もいるそうです。
日本も20数か所のロッジがあるようです。

階級制となっていて、政治的な思念は持っていないそうです。

 

イルミナティは、1776年にドイツのバイエルン州で作られた、教授と学生の私的サークルである、「バイエルン啓明結社」のこと。

フリーメイソンより後に作られたのですね。

政治的思念があったために迫害を受けて、1785年には解散しています。

が、イルミナティ復興運動が行われていたようで、バシャールの言うとおり、組織は現在も実在しているようです。

わからないのは、「鍛えよ、書くチカラ」によると、階級制であるフリーメイソンの最上クラスがイルミナティだと書いてあることです。

ということは、同じ組織なの??

そしてですね、オカルト色が強いとも書いてあるのです。

何をしているのでしょうか?

陰の支配者なのでしょうか?

 

深く掘り下げることはここではやめておきます。

バシャールの言うとおり、現在もイルミナティという組織があり、フリーメイソンという組織と切っても切れない関係だということを覚えておくとよいですね。

 

Advertisement

バシャール:チャクラの輝き

 

(要約)

  • 私達のチャクラは一つ一つが宝石のように輝きそして数珠のように繋がっている。
    第一チャクラのルートチャクラは赤いルビーのように赤く鮮やかに輝いている。
    第二チャクラのセイクラルチャクラはトパーズのような輝きを持っている。
    第三チャクラのソーラーチャクラは黄水晶のような輝き。
    第四チャクラであるハートチャクラは美しい青々とした草木を思わせるエメラルドの輝きを持つ。
    第五チャクラであるスロートチャクラはサファイヤの輝きを持つ。
    第五チャクラである第三の目のチャクラは深い紫アメジストの輝きを持つ。
    第六チャクラであるクラウンチャクラは紫色に光輝き、渦巻き状にエネルギーを発している。
    このクラウンチャクラはヨーロパの宗教画で表現されているように人物の頭上に描かれる”輪”そのもので、私達の透明で白く輝く光のエネルギーはクラウンチャクラを通って宇宙へと放出されている。
  • 体のどの部分にどのチャクラが位置しているかを把握する。
    瞑想する時に一つ一つのチャクラの扉を下から順番に開けてみる。
    そうする事でチャクラの輝きが更に増す。
 

 

チャクラの位置を調べました。

バシャールが言っていることと少し違いますね。
バシャールが言う、第五チャクラである第三の目のチャクラは、図では第六チャクラ。
バシャールが言う、第六チャクラであるクラウンチャクラは、図では第七チャクラになっていますね。

 

チャクラの位置
(画像出典:チャクラについて チャクラの位置と図 https://xn--pck9a6fza.net/)

自分の体に、見えないチャクラというものが宝石のように輝いている(ほとんどの人のチャクラは扉を閉めていて、色もくすんでいるようですが・・)なんて不思議ですね!

瞑想するときに、チャクラの扉を開けるイメージをするといいのですね。

チャクラが見える人が近くにいたら、チャクラの色が輝いているかを聞いてみたい。

おそらく、私のチャクラはくすんでいるか、閉じていて見えないかのどちらかだと思うので、相手は言葉に詰まると思うけど・・

 

バシャール:鬱のメカニズム

 

(要約)

  • うつの最大要素は、愛に対する不信感から発症し、自己評価が低迷した時に起きる、心が縮んでしまった状態。
  • うつから脱出するには、気持ちを入れ替え、愛を思い出す事。
    自分が”大いなる全て”の”光の粒子”で作られているという事を想像すること。
    体の細部に至所まで全てが光の粒子で形成されていて、”大いなる全て”と繋がっているという事を想像すること。
    そうすると、自動的に波動が上がり気分が上昇していく。
  • どんな事があろうとどんな事をしようとどんな時でも”大いなる全て”は貴方を愛す。
    貴方は何時でも愛されているとても大切な生命体。
    自分を痛めつけるような”自己評価”は貴方が選んでいる。
 
 

愛を感じられなくなり、自己評価が低迷して心が縮んだ状態がうつなのですね。

私達は光の粒子で作られている生命体で、大いなる全てから愛されている。

バシャールは、大いなる全てをこのように言っています。

”大いなる全て”とは全てのあらゆる物を創造したエネルギーなのです。
この広い宇宙のメカニズムを作ったのも、生命を作ったのも全てが”大いなる全て”によります。

釈迦とキリストはこの”大いなる全て”のミニチュアバージョンと言えます。
小規模ながらも私達地球文明の全てのポジティブエネルギーを司る”大いなる全て”なのです。
そして、当然ながら私達も例外なく”大いなる全て”の賜物なのです。

(引用:バシャール:”大いなる全て”の賜物 2011-12-13 https://ameblo.jp/viva-bashar/entry-11105674526.html)

 

身近な人からの愛を感じられなくても、自分だけは自分自身を見捨てず、愛してあげようと思います。

 

 
 
Advertisement

 

バシャール:許可証(パーミッション・スリップ)01・02

 
 
  • 私達が生きている物質世界と夢の世界の違いは、思ったことが実現する時間が違うこと。
    夢の世界では、私達が思った事、想像した事が瞬時に実現するが、今生きている物質世界では、時間の経過の末、物事が実現する。
    時間の経過も私達の総合意識が作り出した決まり事。
  • 本来は、現実世界も夢の世界と同じで、私達があらゆる事に制限を加えた末に、この現実世界を作っている。
    自己暗示という許可証(パーミッション・スリップ)を発行すれば、重力を始めから無いものと考え空中浮遊で移動する”現実”を作れる。
    ジャンクフードを摂取しても健康でいられる世界を自分なりに作る事が出来る。
  • 許可証(パーミッション・スリップ)は、信じたい事を自分に信じ込ませ、実現させる力を持つ。
    バシャールの紹介しいている許可証(パーミッション・スリップ)には3つのステップがある。
    初める前の注意事項は、「高所から飛び降りても怪我をしない、髪毛が紫色になる、エラ呼吸が出来るようになる」などの極端な許可証は、私達にはまだ実現する力が弱いということ。
    これなら大丈夫だろうと思う事柄を選んで自分に許可証を発行すること。
  • ステップ1:実現したい事柄を細かくリストする。
    自分自身が主人公のシナリオの原型を作る。
    例えば実現して欲しい事柄が”昇進する事”であったなら、昇進する前から昇進して社会的に成功するまでをリストにする。
  • ステップ2:リストしたそれぞれの項目に”お話”を加えてゆきます。
    自分が望む背景そして会話や反応等、なるべく細部にわたって書き加えていく。
  • ステップ3:自分が書いたシナリオにそって最初から最後まで出来るだけ本気で演技をする。
    その際、小道具が必要であれば使用し、場面の変化によって衣装を変えたり髪型を変えたりするのも現実味が出て良い。
    演技は3度以上行う。
    1度目は自分1人で行う。
    2度目はビデオ撮影する。
    3度目には人の前で演技する。
    ペットの前ではなく出来れば3人以上の人物の前で貴方の迫真の演技を披露します。
  • このステップをこなす事で貴方のシナリオに貴方の波動が入り込み、シナリオが現実的な波動を伴う様になり、貴方の望みが完成するようになる。

 

 
ここは願望実現したいと思う人にとって特に重要ですね!
 
願望実現前から実現した後の生活の様子までをシナリオ化する。
 
自分のシナリオに登場人物が出てくるし、会話や相手の反応やら背景が浮かんできます。
 
それを全部書き加えていく。
 
出来上がったシナリオは、「こうなって欲しい!」という願いが詰まったシナリオ。
 
 
これを演じることで、現実化した状態として脳を錯覚させるということですね!
 
願いが叶った状態なので、演技も嬉しさなどのポジティブな気持ちが入り、感情たっぷりの演技になること間違いなしです!
 
それをスマホで録画すればいいわけですね~!
 
ここまではできます。

でも、その後、人の前でそれを演じるという、それも3人以上が見ている前で演じるというのは恥ずかしくて・・・とてもじゃないけど私はムリ!!!!

3番目の演技はペットの前ですることで勘弁してほしい・・・・
 
実現が遠のくかもしれませんが、人前での演技だけはペットにすり替えて行うことにします。

これで、願望実現したら追記しますね。

 

 

 

Advertisement

 

スピリチュアルカテゴリの最新記事