なんとなくを明確にして知識を増やしていくサイト

安田純平さんへの批判コメントを読んで思ったこと

2018/11/02
 
この記事を書いている人 - WRITER -
きららら
いろいろな商品の中から自分に合う一番のものを探しだすことが好きです。 趣味みたいなものかな~。 私には娘がいるのですが、大のスイーツ好き。スイーツを味わうために生きているような子です。はい。 娘のスイーツ欲が年を重ねるごとに増し、ここ3年で7キロも太ってしまいました~ きついことは嫌いだから、運動はしたくない!でも太りたくない!でもスイーツは食べたい! と考えている、自分にあま~いわが娘。 太っても、親より危機感をもっていないのがかなり気になります!!! そんな娘のために、簡単にできるダイエットはないものかと探しまとめたサイトです。 記事は随時更新していきますので、いろいろな方にサイトを共有していただけると嬉しいです。

安田純平さんは一橋大学社会学部を卒業後に信濃毎日新聞社を経てフリーのジャーナリストになっています。

2015年6月からシリアの武装組織に拘束されていました。

安田さん解放のために政府が身代金を支払ったかどうかは明らかにはされていません。

 

安田純平さんのツイッターでの自己責任発言

 

安田さんのツイッターでの自己責任発言

安田順平さんに対する世論が非常に冷たい。

安田さんのツイートに批判が高まっています。

ツイッターは呟きなので、ツイートの内容によっては歯に衣着せぬ物言いと捉えられがち。

彼は戦地に行くのは自己責任という考えから、安全性を理由に渡航を制限する日本政府を批判していました。

 

この↓政府に対する「自己責任なのだから口や手を出すな」ツイートには、特に批判が集まっています。

 

以前にも3度拘束されていること。

今回も政府の制止を振り切りシリアに行って拘束されてしまったこと。

このような発言、行為が安田さんに対する世間の反感を買っているのでしょう。

 

安田さんに対する批判コメント

 

安田さんに対する批判コメント

 

日本政府がお金を払ったことに対する怒りがほとんど。

 

・同情もしないし感動もしないし嬉しくもない。
日本に帰ってきたら今回の件をネタに講演したり本出したりして荒稼ぎすると思うと腹立たしさしかない。
ここまでかかった費用全部を本人と家族には全額請求して欲しい。

・表向きはお金払ってないように見えるけど、裏で交渉があったことでこの動きがあったはずで、多少なりとも国はお金を払っているはず。
こんな反日をかたる「ジャーナリスト」のために安くない税金が使われたことに対する憤りを、帰ってくるであろう氏に表明したい。

いっそのこと、殺されてくればよかったのに。ジャーナリズム?自業自得でしょ。渡航規制がある国に自ら渡航し、ジャーナリズムを使って報道しようとした。バカだよね。殺されに行くようなもんしゃん。解放された。知らないよ。日本人の恥さらし。一層の事、切腹して自害して欲しかった。ジャーナリストとしてのプライドもないんだろうね。助かった。って喜んでる場合じゃねーよ。バカ。どれだけ税金かけて、貴様を解放に導いたか。私たちの血税を、このバカに使うのはもったいない。日本帰ってきてどのツラ下げて、世間様とお付き合いするのだろ。全く無謀な冒険は控えてほしいですな。日本の国旗背負っている意識が弱いおバカさん。日本に帰ってくるなよ。じゃま。 

解放されたことは素直に喜ばしいことですが、この国民への負担はどのように解決して頂けるのでしょうか?その負担で生きれた真っ当な国民がいると思うと、彼の勝手な行動がその負担をさせたのかと思うとかなり複雑なのは私だけでしょうか。反省とかでは語れない奥様は安心できたかも知れませんが安心の後の家族での反省と負担を減らす努力をお願いします。 

帰ってこなくても結構ですよ 

いくら払ったんだろう?
当然自己責任で言っているので後で政府から請求書が来ても快く彼は支払うんでしょうね。
 

自分のケツは自分で拭け! 

危ないからやめろ!って言われてるのに、何の責任感か知らんが勝手に行って案の定捕まった。
解放と帰国は国に頼って、その費用大半が税金だってのわかってるのかな?
この後、いろいろな意味で相当な仕事しないとね。
 

いわゆる犯罪者じゃないのかな…
法ではないが、渡航規制を破っての行動。
禁固刑ではなく、罰金があっても良いと思う。
 

懲りずにまた、安田は行くやろうな。
外務省は安田を海外渡航禁止させろよ。
わしらは、無駄な税金払いたくないわ!
安田に請求しろよ。そこからやろ、消費税アップはよう。

 

出典:ヤフーニュース
安田純平さん解放=トルコで保護、政府確認急ぐ―3年前にシリアで拘束・菅長官発表
時事通信 10/23(火) 23:10配信のコメント欄
https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20181023-00000161-jij-pol

 

 


読んでいると悲しくなりませんか?

自分の考えを伝えるのは自由ですが、罵倒語を使ってしまうと、

「私はこんな言葉しか使うことのできない低レベルな人間なんですよね~!」

と自らアピールしているようなもの。

そう思いませんか?

 

安田さんに対する同情コメント

 

安田さんに対する同情コメント

 

少数派です。

自己責任について

 

ツイッターの反応を見ていると、「自己責任」を理由に安田純平さんを糾弾する人がいる。確かに、そもそも危険そうなところに行かなければこういうことは起きない。因果関係を紐解くと、安田純平さんがシリアに行ったことが大きな原因とも言える。

でも、安田純平さんは悪いことをしたのでしょうか。安田純平さんを拘束する武装勢力が悪いのではないでしょうか。

私の場合に置き換えて考えてみると、中国に行かなければそんな目には遭わなかったんだとか、辺鄙なところで釣りをするからダメなんだろう…という話になってくる。

何か悪いことをしたわけでもない人を、3年半も拘束して身代金を要求する武装勢力を非難するよりも、拘束された可哀想な被害者の方を非難する…何か、違うんじゃないかな…と思うわけです。

 

この人達の批判は武装勢力の方には向かない。

勇気を持って私達に実情を伝えようとした人を袋叩きにする。

一体彼らはどちらの側に立っているのか。

こういう人たちが幅を利かす世の中というのは、外の世界への関心や好奇心を持つのがためらわれるような、内向きの閉鎖的なものなんだろうな…と思うし、今の日本は実際そうなっているわけです。

日本がそういう国になるのは良くないことなので、安田純平さんを攻撃する風潮をよく思いません。

出典:黒色中国BLOG
安田純平さんと自己責任について
http://bci.hatenablog.com/entry/YASUDAjumpei

 

 

 

 

まとめ

 

 

今回は安田純平さんに対するネットの書き込みがあまりにも冷たいので取り上げました。

 

安田さん自身がツイッターで「自己責任」という言葉を持ち出してツイートしています。

政府の制止を振り切りシリアに行って拘束された安田さん。

安田さんを批判している方は、政府が安田さん解放のために自分たちの血税を払ったのなら、その税金を安田さん本人が払うべきだと怒っているわけです。

政府が身代金を払ったかどうかはわかっていません。

 

色々な意見はあると思いますが、安田さんを批判している方のネット上でのバカやアホなどの、人をけなすような書き込みはとても不愉快です。

内容よりも、人をけなすことで、自らのストレスのはけ口にしているとしか思えません。

たとえ顔が見えないネット上でも、人を罵倒する書き込みは自分自身の人間としての価値を下げてしまいます。

とても恥ずかしいこと。

もっと愛を込めた言葉で自分の意見を表明して欲しいです。

 

何はともあれ生きて帰ってこれたんですよ。そのことを喜んであげませんか?

安田さんおかえりなさい。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
きららら
いろいろな商品の中から自分に合う一番のものを探しだすことが好きです。 趣味みたいなものかな~。 私には娘がいるのですが、大のスイーツ好き。スイーツを味わうために生きているような子です。はい。 娘のスイーツ欲が年を重ねるごとに増し、ここ3年で7キロも太ってしまいました~ きついことは嫌いだから、運動はしたくない!でも太りたくない!でもスイーツは食べたい! と考えている、自分にあま~いわが娘。 太っても、親より危機感をもっていないのがかなり気になります!!! そんな娘のために、簡単にできるダイエットはないものかと探しまとめたサイトです。 記事は随時更新していきますので、いろいろな方にサイトを共有していただけると嬉しいです。